ショップへ ホーム
商品カテゴリー
おすすめ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
ホーム


商品名:ベニマシコ(EAA-0003)
ベニマシコはスズメ目アトリ科の小さな鳥で、北海道や青森の低木地や河辺で観察されます。胸と腹が淡い紅色をしており、長い尾と短いくちばしが特徴です。顔が猿のように赤いことから、「紅猿子(ベニマシコ)」という和名がつきました。紅色が美しいのにくわえて、翼や背中の羽も黒、白、こげ茶で歯切れのよいパターンを描いているので、着物の柄を塗るような感覚を楽しめそうです。ちなみに、赤いのは雄だけで、雌はかなり地味な色合いですから、シーボルトの図鑑のベニマシコは2羽とも雄ということになります。

作家紹介:P.F.v. シーボルト
1796年にドイツで生まれたシーボルトは、1820年に医学博士の学位を得ると、その3年後に医師として長崎の出島を訪れました。彼はもともと動植物に興味があったため、日本でもその研究を行い本国で「日本動物誌」(1833〜50年)や「日本植物誌」(1835〜70年)を出版しました。また 日本の歴史・経済・文化などを総括した「日本」(1832〜51年)も送り出すなど、西洋へ日本について深く広く紹介した最初の人物でした。

型番:
EAA-0003
定価: 350円(内税)
販売価格: 350円(内税)
購入数:
最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright 2008 塗絵倶楽部