ショップへ ホーム
商品カテゴリー
おすすめ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
ホーム 植物画


商品名:ガーデンチューリップ(AAA-0006)
チューリップ(学名Tulipa)は16世紀にトルコからヨーロッパに紹介され、1634〜37年には欧州各国の上流階級で熱狂的な人気を集めました(この4年間は「チューリップ狂時代」と呼ばれています)。日本には19世紀半ばに球根が輸入され、現在でも新潟や富山県を中心に栽培が活発に行われています。ルドゥーテは園芸用のガーデンチューリップ(Tulipa gesneriana)を描いていますが、実際はこの中にも様々な品種があります。原画は万人が思い浮かべる典型的なチューリップなので、ここは自分の記憶を探りながらこれと思う色を自由に塗ってみましょう。

作家紹介:ピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ
1759年にベルギーの片田舎に生まれたピエール・ジョゼフ・ルドゥーテは、1782年にフランスのパリに行き、植物画家としてのスタートを切りました。その後、ルイ16世王妃マリー・アントワネットの専属植物画家になるなど幸運にも恵まれ、1799年に刊行した「多肉植物図譜」では点刻法と呼ばれる画期的な銅板技法を採用しました。この技法はルドゥーテの作品に女性的な繊細さをもたらし、現在でもファンの多い「バラ図譜」(1817〜24年)にもその効果がいかんなく発揮されています。1827年に刊行された「美花選」は、その名の通り選りすぐりの美しい花の絵が集められ、ルドゥーテによる植物画の集大成となりました。

型番:
AAA-0006
定価: 350円(内税)
販売価格: 350円(内税)
購入数:
最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright 2008 塗絵倶楽部