ショップへ ホーム
商品カテゴリー
おすすめ商品
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
ホーム 日本画


商品名:紫陽花双鶏図(DAA-0002)
伊東若冲の「紫陽花双鶏図(あじさいそうけいず)」(1759年)は、1757〜66年に制作された「動植綵絵(どうしょくさいえ)」の30幅に及ぶ連作のうちの一つです。若冲はこの作品で空間を埋め尽くすようにアジサイを描いていますが(ほかにバラとツツジが見える)、花弁が全て一方向を向いているなど超現実的なところがあります。また二羽の鶏に目を移すと、その羽根一本一本があたかも花弁の延長であるかのように見えて、この作品に幻惑されるような気がします。塗絵の難易度で見るなら、「紫陽花双鶏図」は最も高い部類に入ります。アジサイの花弁を赤やピンクで塗るなど、自分なりの楽しみを見つけてみましょう。

作家紹介:伊藤若冲
伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)はまさに日本画の鬼才と呼ぶべき存在です。その作品の特徴は鮮烈な色彩、虫眼鏡で拡大したような細部、増殖したかのように空間を埋め尽くす植物や動物などです。若冲は江戸時代の正徳六年(1716年)に京都に生まれ、20代頃から狩野派の画家のもとで絵を学びます。しかし、既存の画風に満足できずに庭に鶏などの生き物を放して、ただそれらを無心に観察したそうです。若冲の代表作と見なされる「動植綵絵」は30幅からなるシリーズで、その中でも植物、昆虫、動物たちが精密に描かれています。若冲は寛政十二年(1800年)に84才で亡くなりましたが、近年になって特に注目されるようになりました。

型番:
DAA-0002
定価: 350円(内税)
販売価格: 350円(内税)
購入数:
最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright 2008 塗絵倶楽部